www.asbd2011.com
FX(外国為替証拠金取引)のパターンには取引所取引というものがございます。通常の外国為替証拠金取引(FX)企業とトレードをするものを「店頭取引」と呼びますが、取引所を通過させないでビジネスのペアは外為取引企業になります。「取引所取引」という場所は外為取引(FX)業者はあくまでも仲だちであって直の取引目標は取引所という意味になります。この相違をいくらか比べていきましょう。まず「店頭取引」の場合は預託しておるお金は外為(FX)企業に管制されているのです。片や「取引所取引」の場面、その資金は全額取引所に供託しなければならないと義務化されているのです。そういった事でもしもFX会社が経営破たんするような問題があったとしても、後者は、取引所によって資金は全姿金保護されることになるのです。前者の際はFX(外国為替証拠金取引)会社が管理しているため、状態を見て企業倒産の巻き添えをの傷を受けて預金していた資金は防護されずなのです。また税金の面からも両者では内容に相違がございます。「店頭取引」では、為替差益やスワップポイントなどを雑所得として給与と合計で報告をせねばいけません。思いきや確定申告せず良いおりもありますので我に適合するか当てはまらないか注意深くチェックをお願いします。もし貴方がビジネスマンでサラリー2000万円以下、給与の所得の範囲を超えた手取りが二十万円以下(いくつかの事業者から給与所得がなし)という取り決めを満たしているのなら特別というお話で確定申告は不要です。外為(FX)もうけが20万円以上の場面は確定申告してください。税率は利益に追随して5から40%の6段階に等分されておりまして儲けが高ければタックスも値上がりします。「取引所取引」では、利益があった時はその他の儲けとは別として「申告分離課税」の的になってしまうのです。税の割合は一律20%となるんですが、損が定まったしからば「取引所取引」の有益として損失分を次年以降に先延ばしという事ができます。上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低価格なtaxになるケースもありますので照らし合わせてみた方が良いと考えます。特に不慣れな者の方なら、ジャスダック株価の変化や円の動きに一日一日注意して、もうけや欠損分に手に汗にぎる事により、税金を払うという事態を忘れたかのようになることもあるので注意しましょう。損は困るのですが、実入りが高騰すれば税金も額が高くなるので神経を使うのと自覚が重要です。